薬剤師地方求人ガイド【※地方都市に強い転職エージェント】

薬剤師で地方求人を探すなら「薬剤師転職エージェント」

IターンやUターンなど都会から地方へ戻って、ゆったりとしたサイクルで働くスタイルが注目されています。では薬剤師として地方の求人を探すにはどこが効率がいいでしょうか?

ハローワークにも薬剤師の地方求人は存在しますが、よりスピーディーにストレスなく求人を探すならやっぱり薬剤師転職エージェント。リクナビ薬剤師なら全国の薬剤師求人を網羅していますし、最短で3日で転職を実現した実績もありオススメです。

薬剤師の地方求人多数!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
600万円以上の求人も多数揃えられており、高収入の地方求人の中から選べます。
求人数は3万5000件以上。全国規模で求人情報を取り扱っていますから、地方の求人も探せます。
アドバイザーによるスピード転職。最短で3日!地方の求人情報を細かくチェックできる!



薬キャリ ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師の登録者数No.1!全国の薬剤師に選ばれている薬剤師専門転職エージェント。
・土日休み、残業なしなど条件にあわせた求人も多数。納得できる求人をじっくりと探せる!
地方求人多数。Iターン、Uターンの重大な決断の際にも充実したサービスが期待できます。



マイナビ薬剤師 ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
大手チェーンの調剤薬局やドラッグストアの求人も多数。全国各地からの求人情報を用意。
プライベートが充実した求人を用意。地方でゆとりのある環境で働きたい人にも良い求人をご紹介!
日本全国にオフィスを展開しており、圧倒的な情報力でどの地方の求人情報もチェックできる!



ファゲット ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
融通が利く職場を探せる!地方で子育てや家庭との両立を目指す薬剤師にもよい求人があります。
キャリアアップも可能。Iターン、Uターンを機に年収アップやキャリアアップの機会をつかめます。
・未経験OKの求人も多数。医療機関、製薬会社、MRなどの地方エリアの求人も多数あります。



ファルマスタッフ ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
公開求人数は4万4000件以上!非公開求人もあり、多彩な選択肢から仕事が選べる!
全国展開のサービスで地域ごとに質・量ともに充実した求人情報が!
日本調剤のグループ力を活かした充実したサポート。教育サポート制度も!



地方での薬剤師不足は深刻!今が地方転職のチャンス!

薬剤師の就業環境に関しては都市部の過剰と地方の不足のアンバランスが大きな問題となっています。都市部に住みたい薬剤師が多い一方、地方では人材を確保できない調剤薬局や医療機関が多いのです。転職ステーションというサイトに厚生労働省が発表している人口10万人あたりの薬剤師の数をまとめたデータがあります。


(参照:薬剤師の田舎(地方都市・僻地など)での求人事情・年収事情※転職ステーション)

上記のデータを見てみると、多いのが徳島県で220.9人、次いで東京が218.3人、兵庫県214人。トップの徳島県は意外に思うかもしれませんが、それ以外は大都市がある都府県に集中しています。一方少ない順では沖縄県が134.7人、青森県が143.5人など地方都市が並び、上位に比べるとかなりの差が見られることになります。さらに都市部よりも地方の方が高齢化が進行していることが多く医療の充実が求められていることが多いので、薬剤師においても需要の増加に対して供給が追いついていないのが現実です。

このデータを見るだけでも薬剤師が地方で不足している状況が窺えますが、この状況を解消するために各地方ではどのような対策を行っているのでしょうか。この点も薬剤師不足の大きな問題となっています。医師や看護師の場合、就業環境の改善や先進医療の充実など働く環境のよさでUターンやIターンを取り込む対策が行われていますが、薬剤師ではこうした点がうまくできておらず、もっぱら収入の高さでアピールしているケースが多いのです。逆に言えば高収入の職場で働きたい人にとってはよい環境と言えるかもしれません。地方と都市部では同じ職種でも年収で数百万円もの違いがでるケースもあります。不足している環境だからこそ、自分を高く評価してもらえる面もありますから、やりがいを感じながら働ける職場も見つけやすいでしょう。

都市部でなかなかよい仕事が見つけられずにいる人は思い切って新天地を目指し、地方を選んでみてはいかがでしょうか。新しいキャリアや展望が開けてくるかもしれません。リクナビ薬剤師などの大手エージェントに登録すればかなりのオファーが今なら期待できるでしょう。

薬剤師は地方でどういう職がある?

薬剤師は地方で高収入が期待できる一方、就職先の選択肢が都市部に比べて限られてしまうのが大きな問題点の1つです。地方によっても異なりますが、どうしても製薬会社や医療機器メーカーといった選択肢は限られてきますし、薬剤師のスキルを生かしたMRや治験コーディネーターといった仕事の求人も多くはありません。メインとなるのはやはり調剤薬局。地域によって異なりますが、働く薬剤師の約半数がこの選択肢となります。

どの調剤薬局でも業務内容はとくに変わりありませんが、働くエリアによって収入に大きな差が見られます。同じ地方でも県庁所在地があるような開発が進んだところとそうでないところでは薬剤師の不足状況も異なっているからです。例えばマイナビ薬剤師に掲載がある某薬局では島根県の某都市で20代で最大で年収が900万出るという求人もあります。


(参照:マイナビ薬剤師※求人検索結果)

もうひとつの選択肢となるのが病院などの医療機関。地方ではこちらの選択肢も狙い目です。全国的に見ると医療機関で働く薬剤師は全体の20パーセント程度ですが、地方では25パーセント近くにまで及ぶところもあります。ただこの選択肢でも病院の立地条件によって収入に差が生じるほか、業務内容も異なってきます。規模が多く診療科が多い病院であればあるほど薬剤師はチーム医療の一員として幅広い業務が求められるようになります。この点は仕事のやりがい、今後のキャリア形成と深く関わってくるだけに注意しておきたいところです。

また、地方の薬剤師の職では地方公務員も有力な選択肢です。全体の比率は少ないものの、県立病院のほか、衛生研究所、保健所、消費生活支援センターなどの就職先があります。安定した雇用環境で働きたい人はこれらの施設の募集要項もチェックしておくとよいでしょう。もちろん、製薬会社や医療機器メーカーからの求人もまったくないというわけではありませんから、薬剤師転職エージェントの非公開求人なども上手く活用しつつ情報収集を行いましょう。探せば以外なほど幅広い選択肢を見つけることができるはずです。


Copyright (C) 2015-2018 薬剤師地方求人ガイド【※地方都市に強い転職エージェント】 All Rights Reserved.