>薬剤師が公務員で働くするには?

薬剤師地方求人TOP >> FAQ >> 薬剤師が公務員で働くするには?

薬剤師が公務員で働くするには?

薬剤師の就職先にはさまざまな選択肢がありますが、その中でもかなり特殊な部類に入るのが公務員です。有名なところでは麻薬取締官や食品衛生監視員など、薬剤師としての専門的な知識を活かした業務を担当する仕事です。こうした薬剤師の公務員の仕事は国家公務員と地方公務員の両方にあります。つまり地方で公務員として働く選択肢もあるのです。

では薬剤師が地方で公務員で働くにはどうすればよいのでしょうか。まずどんな仕事の選択肢があるのかを知っておきましょう。もっとも多く見られるのが県庁と保健所。先に挙げた仕事のほか、県庁では医薬品や医療機器を取り扱っているメーカーに対して許可監視を行う業務があります。販売が適切かどうか、施設が基準を満たしているかどうかをチェックするのです。必要に応じて立ち入り検査なども行います。それから保健所では薬局の開設の許可や立ち入り検査、さらに薬物使用を防ぐための啓蒙活動、より身近な仕事では理・美容や動物関連の施設、公衆浴場、プール、旅館などの衛生環境の監視や許可なども担当しています。

こうした仕事先のほかにもいくつかの選択肢があります。おもなところでは衛生研究所や消費者センター。住民の健康・衛生環境の維持のために研究や相談業務などを行う施設です。

これらの仕事の中から自分の適性に合った職場を探す…といいたいところですが、基本的には特定の職場で長期間勤務することは少なく、3年程度を目安にさまざまな職場を異動しながら勤務することになります。この辺は他の公務員と似たような環境といえるでしょう。もちろん、移動の際には本人の適正も考慮されますが、天職を見つけてそこでずっとキャリアを積み重ねていけるとは限らない点は覚えておきましょう。なお、異動が少ない職場では県立病院の選択肢もあります。

では実際になるための方法について見てましょう。方法は簡単です。それぞれの施設の採用試験に合格すればよいのです。施設や職種によって毎年コンスタントに募集が行われるものとそうでないものがあるので注意しましょう。また、先に挙げたように異動などの影響で採用されたからといって希望する職種につけるとは限りません。

採用試験についてはそれぞれの募集要項や試験内容を確認し、事前にしっかりと対策を行う以外に合格への近道はありません。安定した就業環境が得られる一方、最初の数年は給料が低めといった面もあるため、その辺も考慮したうえで地方で公務員を目指すかどうか判断するようにしましょう。

薬剤師の地方求人多数!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師地方求人ガイド【※地方都市に強い転職エージェント】 All Rights Reserved.