薬剤師の地方の年収相場は?

薬剤師地方求人TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方の年収相場は?

薬剤師の地方の年収相場は?

地方の薬剤師は都市部に比べて高水準だと言われています。本当でしょうか?それが本当なら高収入の職場を目指してIターンやUターンが魅力的な選択肢となります。

具体的な年収に関しては各地方ごとに異なってきますので地方と都市部の比較は簡単ではありません。ただ、大まかな平均収入を見るとある程度の水準が見えてきます。代表的な都市部では東京が約507万円、大阪が492万円、名古屋が539万円。東京と大阪がとくに低い点からも都市部はやや低めの水準であることが窺えます。一方地方を見てみましょう。どこが地方なのか基準が難しいですし、地元を地方扱いされて怒る人もいるかもしれませんが、収入が高いエリアを見ると秋田県が634万円や山口県の691万円が挙げられます。秋田県は薬剤師の不足が問題になっているエリアですから、やはり人手不足の地方の方が全般的に年収相場が高いことがわかります。都市部では新卒の薬剤師では年収400〜500万円程度ですが、地方なら600万円を越えるケースも少なくないといいます。

ただ、この地方と都市部の年収相場を見ただけで「地方の方が年収が高く恵まれている」と判断するのはちょっと危険です。理由としては都市部にはアルバイト・パート、あるいは派遣などの非正規の形で働く薬剤師も多いからです。こうした雇用環境ではどうしても収入が少なくなりますから、全体平均を下げてしまっている面もあるのです。それからもうひとつ大きな問題となるのが就職先。地方の薬剤師の就職先は大半を調剤薬局と医療機関が占めていますが、都市部の場合は製薬会社や医療機器メーカー、さらにはMRや治験コーディネーターといった職業も含まれます。製薬会社での勤務では年収800万を超えるケースも見られます。つまり、地方の年収相場は薬剤師の平均的な収入の目安となるのに対し、都市部の場合は就業環境や職種によって格差が大きく、数字を見ただけでは一概に比較できない面もあるのです。

地方の方が収入が高い、というのは「調剤薬局や医療機関で正社員として雇用されたケース」に限定して考えた方がよいでしょう。この分野でこれまでキャリアを積んできた薬剤師、あるいはこれからキャリアを積んでいきたいと考えている人にとっては地方は魅力的な就職先ということになります。

また、人手不足の地方では収入が高い一方、仕事が忙しく希望通りに休みが取れないといったケースも見られます。移住する場合には生活環境も考慮しておかなければならないでしょう。地方の薬剤師の収入環境をチェックする際にはいろいろな面を考慮しておく必要があるのです。

薬剤師の地方求人多数!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師地方求人ガイド【※地方都市に強い転職エージェント】 All Rights Reserved.