神戸市の薬剤師求人

薬剤師地方求人TOP >> 人気地方 >> 神戸市の薬剤師求人

神戸市の薬剤師求人

神戸市は大阪市と並ぶ関西エリアの中核都市です。人口も150万人以上、若い世代の間でも人気が高く、流行や文化の発信地でもあります。大都市ということもあり薬剤師の数も多いのですが、その一方で需要と供給が一致していない面も見られます。

全国的に見ても薬剤師の数はトップクラス、一方医療機関の数も全国平均よりもはるかに上回っています。その一方で転職支援サービスが手がけている求人数も高水準です。つまり薬剤師の数も就職先の選択肢も多い一方、人手不足の悩みを抱えている施設が多いということになります。

この傾向は就職しやすさを意味する一方、自分に合った職場を見つけにくい面も見られます。人手不足で採用されやすいからといって安易に給料などの条件で選んでしまうといざ入職した後に「こんなはずじゃなかった」とギャップに苦しめられてしまう可能性もあるのです。それを防ぐためにはまずあらかじめ自分の希望する条件を明確にしておくこと、そして転職支援サービスのキャリアアドバイザーからの情報提供をうまく活用することが大事です。求人の数が多いので少しくらい条件を厳しくして検索をかけても必ずいくつかの選択肢が引っかかります。最初は厳選しながら求人をチェックし、よいところが見つかるまで少しずつ妥協しながら範囲を広げていく方法がよいでしょう。

なお、市内で働く薬剤師は薬局で働くケースがやはり一番多く、約半数程度が薬局10時と言われています。その一方、大都市ということもあって製薬会社や医療機器メーカーで働くする薬剤師も多く、幅広い選択肢の中から選んでいくことも可能です。つまり上で挙げた情報の絞込みは給料や待遇面だけでなく、職種面でもあらかじめ条件を決めた上で行っていくことが大事なのです。MRやクリニカルスペシャリスト、治験コーディネータといった薬剤師の資格や知識・スキルを活かせる職種も多数あるのが特徴です。

転職支援サービスが出かけている求人が多いと書きましたが、ここでも質と量の見極めがポイントとなります。自分が希望する職種、条件をあらかじめキャリアコンサルタントに伝えておき、条件に合ったものを厳選して紹介してもらうようにしましょう。そうでないと次から次へと紹介される求人に目が回らなくなってしまう恐れがあります。もちろん、非公開求人のチェックも欠かせません。薬剤師の数が多いだけによい求人にはすぐに応募が殺到します。乗り遅れずに参加できるよう日ごろの情報収集をしっかり行いましょう。

薬剤師の地方求人多数!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師地方求人ガイド【※地方都市に強い転職エージェント】 All Rights Reserved.